1. 最近の記事

引用元:1万円から不動産投資を始めよう!

※口座を開設しておけば、いつでも自由なタイミングで不動産投資ができるようになるサイトです。仮想通貨の口座のように、余裕のあるタイミングで余剰資金を入れておけば、高い利回りでの資産運用が実現します。口座の開設は無料です。メールアドレスとパスワードだけで、すぐに開設は完了しますので、気軽に口座開設してください。

只今、新規で口座を開設して頂いた方へ、100万円を上限に現金をプレゼント中です。口座が規定数に達し次第終了します。不動産投資口座に興味がある方は、お早めの口座開設をおすすめします!

口座開設は簡単3ステップ

1万円から不動産投資を始めよう!

1.上記リンク(1万円から不動産投資を始めよう!)をタップ、「無料会員登録する」ボタンを押下。
2.メールアドレスとパスワードを入力。
3.送信されたメールを認証すれば口座開設完了。

※口座開設時の手数料や利用料金は発生しません。仮想通貨口座と同様、利用するかは本人の自由です。

定期預金のように捉えていただければと思います。年利6パーセント以上で引き出し自由な定期預金のようなものです。6パーセント以上という数値は、決して高いものではありません。一億円を入れても年に600万円しかリターンを得ることはできないからです。ただ、現状の金利をふまえると、着実に6パーセント以上の金利で運用でき、いつでも引き出し自由な金融商品は、そうはありません。東南アジアの事業ファンドなどであれば、年利10パーセント以上の運用もできる場合がありますが、国内で不動産に投資するファンドで6パーセント以上は、1万円から不動産投資を始めよう!
ぐらいなものです。このサイトを訪ねて頂いたのも何かの縁です。まずは、登録してファンドがどのようなものがあるかだけでも見てみてください。

最近は早期退職で第二の人生を歩むことを余儀なくされる方も珍しく無くなっています。長年に渡って親しんで来た会社や仕事を追われ、望んでいない仕事へ従事せざるを得ない中高年の方が増えているのが現状です。一説では50代の3割が貯蓄が無いというデータも上がって来ています。若い頃は遊びや趣味にお金を使いたがる方も多いですから、中高年になって貯蓄が無いのも頷ける部分もありますが、不意に失業した場合のリスクを早い段階から考えておかなくては人生設計がおかしくなるのも現実です。リストラや失業の憂き目に遭っても貯蓄があれば何かしらの事業を立ち上げることは出来ますが、サラリーマンを長きに亘って続けていた方が、資金があるからといって急に事業家になっても、なかなか上手くはいかないものです。一般的に大家さんと呼ばれるアパートやマンションなどの賃貸物件の運用ならば、経営知識に乏しい方であっても具体的な進め方は理解できることでしょう。若い頃から資産構築と事業運営を進められ「いつまでも途絶えることが無い安定した収入」を手に入れられるのが不動産への投資なのです。

PAGE TOP