1. 11 view

テレワーク時代の経営数字の立て方

テレワーク

テレワーク

テレワークに陥ってしまい、経営数字の立て方に悩んでしまう経営者が増えて来ています。毎月の売上目標が達成できなくなり、会社を営むモチベーションが無くなってしまう方は意外と多いものです。テレワークになると急激に数字が落ちてしまうのは、アナログ的な経営に依存しすぎている側面があるものです。人手に頼る経営スタイルのほうが、融通が効き、手間がかからない面もあるため、なし崩し的にアナログ経営を貫いてしまったのではないでしょうか。テレワークの時代では、人の能力に頼らずにデジタル的な経営を貫くことが必要です。デジタル経営とはいっても、ニューラルネットワークに、人の業務を置き換える必要はありません。経営を推進するにあたっての最小限度の人数で売上を作れるようにシステムを見直せば良いのです。ウイルス被害や自然災害により、社員が出社できなくなってしまい、在宅での業務を余儀なくされても、その環境のなかで通常営業と同じ数字を目指せる仕組みを考えていけば良いのです。社員が出社して、架電を行い訪問する流れは、社内から営業マンをスカイプでコントロールし、FaceTimeで取引先とやり取りすることでも代替はできます。仕入れ先からの納品も、仕入れ専門のBtoBサイトを活用すれば、オンライン上で済んでしまいます。テレワークのなかで数字を出すには、ワンクリックで済む経営システムを考えていけばいいんです。自社の業務にニューラルネットワークを適用し、DeepLearningを行わなくても、複数のWebサービスを組み合わせていけば、通常営業に近い数字は出せるのです。自社で扱っている商材が、テレワーク向きでない場合は、仕入れサイトから商品を仕入れ、サイトを立ち上げ販売していけばいいのです。昨今は、物流代行も発達していますから、自社に保管スペースや物流システムがなくても、様々な商材を扱うことは可能です。通常営業の場合と、テレワークの際に需要がある商材は違うのが実情です。通常営業のまま、テレワークに移行しても、数字がでないケースは珍しくはないのです。社内のシステムを関わる人手を最小限に変え、売れ筋の商材に変えていけば、テレワークの状態に陥ってしまっても、売上目標は達成できることでしょう。BtoBで見込みがないのでしたら、思い切ってBtoCに変えてみても良いものです。有名なモールにショップを立ち上げ、インフルエンサーを活用すれば、短期間で売上を計上はできるものです。大手のモールには、ショッピングサイトを簡潔に立ち上げる仕組みだけではなく、決済システムも提供されています。インスタグラムやSNSで集客を進めていけば、成約に持っていくことも難しくないでしょう。BtoB同様に、仕入れサイトから物流代行までの流れをワンクリックで行えば、営業マンが行うのは、インスタグラムなどのSNSでの集客のみとなるでしょう。インスタグラムを使ったインフルエンサーマーケティングでは、フォロワー数の多い有名なインスタグラマーを抱えないと無理だと感じる経営者の方も多いことでしょう。近頃は、インスタグラムのフォロワーを増やしていけるツールが提供されています。自社の営業マンにインスタグラムを活用させ、ツールを使ってフォロワーを増やしていけば良いのです。女性事務員の方にテレワークになったタイミングでインスタグラムを行わせ、自社の商材をアピールさせていくのです。定期的にライブ配信を行っていけば、自然と売上に結びついていくでしょう。テレワーク営業で得られた余剰資金は、FXや株式などの投資で増やすのも良い手段です。未経験者には難しいと感じられる投資ではありますが、信頼できる投資顧問を活用すれば、オンラインサロン的な感覚で利益を得ていくことはできるのです。大きく増やしたくないのでしたら、クラウド型の不動産投資を検討してみるのも良いかもしれません。社内業務をオンライン化し、請求書の作成もワンクリックで行い、ファクタリングで即日入金させれば、テレワークに会社がなったとしても、不安は感じません。テレワークになってしまったからといって悲観するのではなく、テレワークに合った経営スタイルに会社を変えていけば良いのです。

無料ショップ開設なら【BASE】

BASEです。説明する必要もありませんが、人気No1のネットショップ・サービスです。ネットショップというと、売る商品がなくては商売ができないと考えがちですが、BASEのすごいところに、写真だけでオリジナルのTシャツやスマホケースの販売ができる点があります。登録して、自分流のイメージをデザインし、アップロードすれば、オリジナルのTシャツやスマホケースの販売ができるのです。全く在庫を抱えなくても、仕入れを行わなくても、資金がなくても稼げる点が魅力です。自分のアイデアだけで大金を稼げるのです。登録は無料です。まずは、人気No1のネットショップサービスがどういうものか感じてください。

≪テレワークの状態でも確実に稼げる方法を紹介します。≫

無料会員登録はこちら【CREAL】

ウイルス被害や自然災害、景気後退になって変わらないものがあります。人が住む住宅の家賃です。収入が発生しなくなっても、住居への家賃は支払っていかなくてはいけないものです。アパートやマンションへの投資を一万円から行えるクラウド型の不動産投資であれば、少しずつでも余剰資金の預け入れを行い、安定運用を進めていけるのです。

プロの売買をマネするだけ FX投資顧問のアイリンクインベストメント

テレワークの状態になり、営業パフォーマンスが落ちても、FXで収益を上げれば経営が傾くことはありません。自社で優秀なトレーダーを抱えていなくても、信頼できる投資顧問と契約していれば、問題なく収益を計上することは可能です。オンラインサロンと同様な感じで活用でき、少額の月額料金で済む投資顧問です。

スマートで効率的な Twitter アカウント運用ツール SocialDog

インフルエンサーマーケティングを導入するにも、インスタグラムやYoutubeでは敷居が高いと感じる方も多いでしょう。ツイッターであれば、気軽に始めることができ、すぐに集客効果を得ることが可能です。自社のツイッターアカウントで会員登録すればすぐに効果を実感できます。

ホームページ作成サービス Z.com Studio

ホームページを作成するにあたっても、扱う商材やサービスによって目的は違っていくでしょう。Z.com Studioを使えば、どのようなページであっても、自由に作ることが可能です。オリジナル性の高い、綺麗なホームページを短時間で作れるだけではなく、カスタマイズも手軽に行える点が魅力です。時間や手間をかけることなく、スピーディにページ作成を行える点が多くの方に好評です。

wpX

なかにはワードプレスを使って素早くサイトを立ち上げたい方もいるでしょう。wpxは、世界最速のスピードを誇るワードプレス専用のレンタルサーバとして多くの方に使われています。各種のテンプレートを使って、イメージ通りのサイトをスピーディに作成することが可能なサービスです。手間やコストをかけることなく、素早いサイト作成を行なうことができます。

グーペ】デザインを4000パターン以上から選べるHP作成サービス

グーペでは4000種類以上にも及ぶ豊富なデザインパターンのなかから、イメージ通りのサイトを手軽に作れるサービスです。サイトを立ち上げる際に、どのような感じで作れば良いかイメージできない方は多いでしょう。豊富なテンプレートが用意されているグーペであれば、自分が思い描くテンプレートを選んでいくだけで、スピーディにサイト制作を進められるのです。

50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】

ビジネスで使用する大規模なポータルサイトを立ち上げるのであれば、シックスコアが良いでしょう。大手でも使われるほどの高性能なサーバですから、コンテンツが豊富な大規模ポータルサイトであっても、スムーズに立ち上がります。

お名前.com

ホームページを立ち上げる際には、サイトイメージにあったドメインを取得することも忘れてはいけません。お名前では、豊富な選択肢のなかから、自社のイメージにあったドメインを格安の料金で選ぶことが可能です。どのようなイメージのドメインであっても、スピーディに選ぶことができますから、素早いサイト作成を行えます。

ムームードメイン

ドメインを取得してから、サイト作成に至るまでをトータルで進めたい方には、ムームードメインが良いでしょう。ドメイン取得からサイト作成に至るまでの一連の流れをスムーズに行えます。

Xserver Business

Xserver Businessでは、サイトの離脱を極力防ぐことを可能にします。来訪したユーザーが長時間に亘って滞在していなくては、魅力的な商材やサービスであっても、なかなか成約に結びつけることはできないものです。Xserver Businessを使えば、来訪したユーザーの離脱を未然に防ぐことが可能になり、多くの成約へと結び付きます。

ロリポップ!

とりあえずサイトを立ち上げることを考える方は、ロリポップのような低料金で立ち上げることが可能なサーバーの利用も良いでしょう。少ない月額料金で利用することができるロリポップは、手軽にサイトを立ち上げたい方は勿論のこと、お試しで作ってみたい場合にも有効です。

テレワークの最近記事

  1. テレワークの導入を考える経営者の方へ「テレワーク導入手順書」

  2. テレワークの導入を考える企業経営者の方が増加中「テレワーク導入手順書」

  3. テレワークで稼ぐことを考える経営者の方「テレワーク導入マニュアル」

  4. テレワークを導入する際に気をつけるポイント「テレワーク導入手順書」

  5. テレワーク導入を成功するためのコツ「テレワーク導入手順書」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP